テレパソロジーセンター

ごあいさつ

センター長 藤島史喜
センター長 藤島史喜

 テレパソロジーセンターは2015年10月に東北大学病院がんセンター内に設置され、東北大学病院病理部を拠点として遠隔地の病院との間で主に遠隔病理診断を行う部門です。初代センター長には渡辺みか先生が着任され、令和2年10月から病理部の藤島史喜が引き継ぎました。

 テレパソロジー(telepathology: 遠隔病理診断)とは、画像を中心とした病理情報を電子化し、種々の情報回線を通じて他地点に伝送し、空間的に離れた2地点、または多地点間で、狭義には病理組織や細胞診の診断およびコンサルテーションを、広義には診断のみならず、教育、研修、学会活動など、病理の諸活動を行うことをいいます。
テレパソロジーは旧厚生省の通達により、「対面診療を規定した医師法第20条との関連の問題は生じない。」とされ、既に法律的に認められた医療行為となっています。また条件付き乍ら、術中迅速遠隔病理診断に対しては保険適用が為されています。
(日本テレパソロジー研究会 テレパソロジー運用ガイドラインより)

 東北大学におけるテレパソロジーは1994年より25年以上にわたって行われており、日本屈指の業績を誇っています。日本では病理専門医が不足しており、特に東北地方では中規模以上の病院においても病理医不在であることが少なくありません。手術中に術式や切除範囲を決めるため、術中迅速診断が行われますが、病理医がいなければ実施することができません。そこで標本は自施設で作製し、whole slide imaging (WSI)を用いて標本のデータを病理部に送ってもらい、大学で診断する、ということを行っています。現在、県内では石巻赤十字病院、気仙沼市立病院、石巻市立病院、栗原中央病院、大崎市民病院、東北公済病院、県外では十和田市立病院とネットワークがつながっており、おもに術中迅速診断を実施しています。2019年は全体で100件程の術中迅速診断を行いました。

 現在、テレパソロジーの利用は術中迅速診断が主体ですが、今後ますますネットワークを介した繋がりが広がることが予想されますので、病理画像を中心とした大学内外の医療、教育、研究の向上を図っていきます。

 大学病理部を中心とした病理画像を含む情報通信を中心としたネットワークを構成し、
・大学病院と拠点病院の連結による稀少症例、診断困難症例について検討を行います。
・常勤病理医がいる病院においても、病気や学会出張など緊急時には迅速病理診断などの対応を行います。
・遠隔画像を通してカンファランスを実施し、症例の検討を行っていきます。

 特に昨今のコロナ禍により、対面での情報交換、講演などの機会が少なくなっていますが、Web会議システムを利用し、画像を通して学習する機会を設け、新しい知識、技術の普及などについて、テレパソロジーセンターを中心に行っていきたいと考えています。

ページの先頭へ