センター長あいさつ

ごあいさつ


東北大学病院
がんセンター長 石岡 千加史

 東北大学病院は平成18年度に全国の大学病院に先駆けて都道府県がん診療連携拠点病院に指定されました。この指定にともない当院にがんセンターが設置され、化学療法センター、緩和ケアチーム、がん診療相談室、がん登録室などのがんセンターの組織をはじめ、関連診療科や部署が協力して拠点病院の機能強化に努めてきました。以来、東北地方のがん医療に中心的な医療機関として、最新医療の普及、医療従事者の養成、高度がん医療の推進と提供、院内がん登録の推進、がんの臨床試験の推進などに貢献しています。現在、当がんセンターには7センターと5室が設置され診療科横断的、職種横断的で質の高いがん診療を提供しています。
 平成24年6月にわが国の第2期がん対策推進基本計画が策定され、がん患者の就労の問題、小児がん対策、がんの教育・普及啓発が新たに計画に盛り込まれました。この国の基本計画の改訂にともない第2期宮城県がん対策推進計画が平成25年3月に策定され、東北大学病院は都道府県がん診療連携拠点病院としての機能強化を進めてきました。とりわけ、がん医療従事者の養成を含め宮城県内の地域がん医療水準の向上や地域がん医療連携に関する本院への期待は大きく、平成24~27年度には宮城県医療再生事業により当センターに先進包括的がん医療推進室を設置し、県内の地域がん医療の実態調査と多職種による医療・介護連携のセミナーを地方開催いたしてきました。現在、先進包括的がん医療推進室の機能を平成25年度に医学系研究科に設置された地域がん医療推進センターに移し、平成28年度以降も継続して地域がん医療の推進に取り組んでいます。また、平成24年度には全国に初めて15カ所指定された小児がん診療拠点病院の1つに指定され、当センターに平成26年度に小児腫瘍センターを設置しました。さらに、平成24~28年度まで文部科学省補助金事業である東北がんプロフェッショナル養成推進プランが、平成29年度からは東北次世代がんプロ養成プラン(東北がんプロ)が採択され、平成19年度から引き続きがん専門医療従事者の養成を推進しています。
 平成26年1月10日、厚生労働省健康局長通知「がん診療提供体制の整備に関して」では、がん診療連携拠点病院の在り方について新たな指針(新指針)が示され、その中で、都道府県がん診療連携拠点病院における一層の診療機能強化が求められています。当センターは、宮城県がん診療連携協議会の各部会が推進するPDCAサイクルを取り入れ、診療提供体制の向上を図っています。また、新指針に沿って、当院では平成27年以降、緩和ケアセンター、高精度適応放射線治療センター、口腔健康管理センター、テレパソロジーセンター、令和元年5月には、頭頸部腫瘍センターを新たに設置しました。年々進歩する最新のがん治療を患者に優しく安全に提供するために、平成29年10月通知された第3期がん対策推進基本計画と平成30年4月1日からスタートした宮城県がん対策推進計画に対応しながら、今後も様々な課題に取り組みます。とりわけ本院は、平成30年2月に厚生労働省「がんゲノム医療中核拠点病院」に指定され、平成30年に新たに院内に設置された個別化医療センターと協力し、がんゲノム医療連携病院5病院、人材育成で連携するがんゲノム医療拠点病院3病院、その連携病院5病院とともに、東北6県、新潟県並びに埼玉県におけるがんゲノム医療の推進とその普及・啓発に精力的に取り組んでいます。令和2年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大のため、がん医療とその臨床開発にも少なからぬ影響が出ました。現在、当院ではCOVID-19対策を強化し、その影響を最小限に留めるように努めています。今後とも関係各位の一層の御協力をお願い申し上げます。

ページの先頭へ